HOME > 採寸方法

採寸方法


 

採寸方法

 採寸前の注意事項

ブラインドを支える為のブラケットを設置にする際にビスを打ち込む為、下地は木材でなければなりません。下地が木材以外の場合は設置しないでください。金属、石膏ボードなどでは十分な強度が保てず、ブラインドの落下といった事故につながるおそれがあります。

計測は必ず窓枠の施工が終了してからミリ単位での計測を行なってください。窓枠が未施工でのご発注の場合、収まらなかったり、窓枠との隙間が空き過ぎてしまったりする恐れがあります。ご注意ください。

 

準備するもの

・メモ用紙 ・筆記用具 ・メジャーまたはレーザー計測機械

計測にはレーザー計測機を用いると一人でも簡単に行えるのでオススメです。

同じ窓でも1mm単位でサイズが異なっている場合があります。
必ず取り付けるすべての窓の採寸を行なってください。

 

窓枠内付けの場合

 窓枠内サイズ(天井取付) 

  • 幅(W):窓枠内寸法 ※製作時に自動的に-6mmいたします。
  • 高さ(H):窓枠内寸法
  • 製作高さ寸法は+10~30mm程度の誤差が生じます。

幅・高さ共に窓枠内を採寸してください。特に幅については窓枠の上・中・下の3点を採寸し、必ず最小値を選んでください。また、窓枠内側の天井にブラインド設置が可能な奥行きがあるか必ずご確認下さい。(奥行き寸法はこちら

たすき計測を必ず行ってください。上・中・下の3点及びたすき計測の結果、窓にゆがみがある場合、商品と窓枠のクリアランスが三角形になること、ブラインドが引っ掛り降りてこないこと等が発生します。

採寸方法 - 【内付】6内付  設置位置寸法について(内付断面)

 

一つの窓枠にブラインドを2連で設置する場合(内付)

 窓枠内サイズ(天井取付) 

  • 幅(W):[窓枠全長の実寸サイズ]÷2+3mm(製作時に自動的に-6mmいたします)
  • 高さ(H):窓枠内寸法

※上下コードタイプの場合、左右に操作コードがある為、分割すると中央で操作コードが絡まる恐れがあります。

0001 (26)

 

窓枠外付けの場合

 窓枠+かぶり寸法(正面取付) 

  • 幅(W):窓枠外寸法
  • 高さ(H):窓枠外寸法
  • 製作高さ寸法は+10~30mm程度の誤差が生じます。

幅・高さ共に窓枠外を採寸してください。※上下左右かぶり寸法が必要です。

採寸方法 - 【外付】6外付  設置位置寸法について(外付断面)

 

 

操作コードの作成長さ(デフォルト)

【コードタイプ、上下コードタイプ】
商品本体の高さ寸法(Y) 操作コードの長さ(Y2)
 Y≦749mm  Y2=406mm
 749mm<Y≦1066mm  Y2=(2/3)*Y mm
 1066mm≦Y  Y2=(1/2)*Y mm

コード、上下コードの長さ

 

 

 

 

 

 

 

【ループコードタイプ】
商品本体の高さ寸法(Y) 操作コードの長さ(Y2)
 260mm≦Y<650mm  Y2=406mm
 651mm≦Y<914mm  Y2=610mm
 915mm≦Y<1218mm  Y2=914mm
 1219mm≦Y≦1523mm  Y2=1219mm
 1524mm≦Y≦2133mm  Y2=1524mm
 2134mm≦Y≦3000mm  Y2=2134mm

 

ループコードの長さ

 

 

 

 

 

 

 

 
  • ご希望の長さがある場合はご注文時にご指定ください。指定寸法で製作されます。
  • 高窓に設置する場合、窓枠上部から手元までの長さを計測してください。
  • 地窓に設置する場合、操作コードが床に垂れる場合がございます。
  • 高窓、地窓ともにループコードタイプの設置をオススメいたします。
高窓の場合 地窓の場合
高い位置 低い位置2

 

Copyright ©  2017   快適な室内と省エネ生活をご提案。ハニカム構造・断熱ブラインドaSsu・明日  All rights reserved.