断熱性能/日射遮蔽性能


 

エコな暮らしは窓辺から。窓の断熱対策をしないと、窓が熱の出入り口に・・・

assu-slide_image

 

手軽で効果的な窓の断熱材!断熱性能にこだわったハニカム構造・断熱ブラインド《aSsu・明日》

断熱ブラインド
断熱性能にこだわった当協会のハニカム構造・断熱ブラインドは、外気の侵入や、室内からの暖冷気流出を抑制することで暖冷房効率を上げ、快適な住まいを実現します。

 

 

 

ハニカム構造・断熱ブラインド《aSsu・明日》の性能について

丸和建設

ハニカム構造・断熱ブラインド《aSsu・明日》を設置するだけで優秀な窓にレベルアップ!

《aSsu・明日》で窓の断熱対策をすると、住宅の断熱性能が変わります!

 

 

断熱性能 U値(W/㎡k)

 
  • U値とは、熱の伝えやすさを表した値で、値が小さいほど熱を伝えにくい=性能が良いということになります。

%e6%96%ad%e7%86%b1%e6%80%a7%e8%83%bd

日射取得率 η(イータ)値 (日射侵入率)

 
  • η値とは、ガラス窓に入射した日射熱が、室内側へ流入する割合です。日射熱取得率の値が小さいほど日射熱を遮蔽します。値が小さければ小さいほど、夏の冷房効率が良くなります。
  • 日射遮蔽係数:太陽光線の流入を表す数値。遮蔽係数の数値が小さくなるほど日射熱をよく遮ることを意味し、外気の熱が室内環境に与える影響が小さく、省エネルギー効果が高いことを表します。%e6%97%a5%e5%b0%84%e5%8f%96%e5%be%97%e7%8e%87

 

ハニカム構造・断熱ブラインド《aSsu・明日》の導入効果を「冬」と「夏」で検証!

aSsu側面-2

住宅で熱の出入りが一番多いのは窓。「窓の熱損失が大きい」→「窓から逃げる熱が大きい」 ということになり、住宅の断熱性能を高めるためには、窓の断熱対策が欠かせません。

窓の断熱性能を高めるには、高性能の窓を採用する、内窓を入れるなどの方法がありますが、もっと手軽に低コストで効果的な方法として当協会が開発したのが、窓の断熱材「ハニカム構造・断熱ブラインド《aSsu・明日》」です。

樹脂サッシペアガラスに「空気層45mmW(ダブルハニカム)」のハニカム構造・断熱ブラインドを設置して、「冬」と「夏」の断熱効果を検証してみました。

 

 

導入効果:冬の場合

冬は「窓辺が寒い」「足元が寒い」、そして身体・命に影響を及ぼす「ヒートショック」(※A)や「コールドドラフト」(※B)も起こりやすくなります。冷たい外気が窓から室内に侵入してくると、暖房が思うように効かず、また、せっかく暖まった空気も外へ逃げてしまいますので、冬の快適な室内環境を保つには、いかに断熱するかがポイントになります。

※A)ヒートショックとは・・・急激な温度変化にさらされることで身体に影響を及ぼすこと。
※B)コールドドラフトとは・・・足元に冷気が流れ、足元だけが温まらないこと。

熱画像で検証 その1.

― 設置前 ―
ハニカム構造・断熱ブラインド設置前のサーモ画像(冬)青色になっているのが開口部、水色の部分が壁になります。15℃以下の冷気が外から侵入していることがわかります。これでは暖房をつけても室内はなかなか暖まらず、コールドドラフト発生の原因となります。
・撮影:2012年11月
・場所:当協会 北側
・樹脂サッシペアガラス使用

 

 

― 設置後 ―
ハニカム構造・断熱ブラインド設置後のサーモ画像(冬) ブラインドを設置する前と同じ窓の熱画像です。同じ窓に空気層45mmダブルハニカムを設置しました。
設置後は壁と同じ程度の色まで開口部の温度を上げることに成功しました。
「ヒートショック」「コールドドラフト」という悩みも緩和され、室内の暖気流出も抑止します。
・撮影:2012年11月
・場所:当協会 北側
・樹脂サッシペアガラス+空気層45mmダブルハニカム使用

 

熱画像で検証 その2.

熱画像

- 条件 -
左右で性能の違う窓を使用しています。
・左:樹脂サッシ(U値1.69)
・右:樹脂真空トリプルサッシ(U値1.09)

右側の窓と比較して左側の窓の方はU値性能が低いため、窓の熱損失が多くなり、窓辺の温度が低い状態です。

左の樹脂サッシだけに断熱ブラインドを設置し、閉めてみます。

- 結果 -
左側の樹脂サッシは、断熱ブラインドを閉めたことで窓の熱損失が低下し、右側の高性能トリプルサッシよりも高い断熱性能になったことが熱画像から分かります。

 

 

 

冬の断熱性能を比較

aSsuと性能の高い樹脂ArLow-E複層ガラスの組み合わせ(1.07)では、構造材(1.20)よりも断熱性能が向上。
また、aSsuを閉じた状態(2.05)では、一般的な内窓(単板ガラス)(3.12)の性能を大きく上回る断熱性能を得られます。

%e5%86%ac%e3%81%ae%e6%96%ad%e7%86%b1%e6%80%a7%e8%83%bd%e6%af%94%e8%bc%83

 

導入効果:夏の場合

夏の日中は直射日光、夕方になれば西日が室内に入り込んできます。そのため室内が暑くなり、冷房を効かせてもなかなか室内の温度が下がらず、熱効率が悪いまま冷房エネルギーだけ消費していきます。これでは無駄な冷房エネルギーを消費することとなってしまいます。そこで大きなポイントとなるのが、「外から熱を入れない」、「日射を遮る」です。これらの対策を行うことで、冷房エネルギーの効率が上がり、冷房費削減につながります。

熱画像で検証

― 設置前 ―
ハニカム構造・断熱ブラインド設置前のサーモ画像(夏)日射侵入率79%!真っ赤になっている部分が開口部、黄色の部分が壁になります。開口部は35℃近くになっており、外から熱が侵入していることが一目でわかります。これだけの熱が室内に入ってきては、冷房エネルギー効率も悪く、無駄な冷房費がかかってしまいます。
・撮影:2013年5月
・場所:当協会事務所 西側
・樹脂サッシペアガラス使用

 

 

― 設置後 ―
ハニカム構造・断熱ブラインド設置後のサーモ画像(夏)ブラインドを設置する前と同じ窓の熱画像です。ここに空気層45mmダブルハニカムを設置しました。 設置前と設置後では開口部の色が大きく変化し、 温度を30度近くまで下げることができました。また、室内からの冷気も逃がすことなく、冷房エネルギーを有効に活用することができます。日射侵入率は24%!設置前に比べ、55%も日射をカットすることができました。
・撮影:2013年5月
・場所:当協会事務所 西側
・樹脂サッシペアガラス+空気層45mmダブルハニカム使用

夏の日射遮蔽性能を比較

窓の日射取得は、断熱材の部位に比べて同面積では30倍~50倍にもなります。また、一般的に窓からの日射取得は、家全体の75%~80%にもなるとされています。aSsuを導入すると、窓からの日射取得が約1/3になるため、家全体での日射取得が大幅に削減でき、冷房の効きも良くなることで、快適な省エネ生活が実現できます。

 

%e5%a4%8f%e3%81%ae%e6%97%a5%e5%b0%84%e9%81%ae%e8%94%bd%e6%af%94%e8%bc%83

Copyright ©  2017   快適な室内と省エネ生活をご提案。ハニカム構造・断熱ブラインドaSsu・明日  All rights reserved.