HOME > チャイルドセーフティ

チャイルドセーフティ

安全対策について

annzenn2

ハニカム構造・断熱ブラインド《ハニカムaSsu》をご購入されたお客様が、安全で快適にご使用いただけるよう、製品取り扱いにおける操作部の安全向上を目指しております。
特に小さなお子様がいらっしゃるご家庭や、公共の施設などでは製品のコードなどが首や体に巻き付くなど、
思わぬ事故の発生につながることがありますのでご注意ください。

安心してブラインドをご使用いただくために

子どもは思わぬ行動をとります。ブラインドのコードが重大な事故を招く場合があります。

 
  • 普段何気なく使用しているブラインドの、下がったコードやループ部分。
    コードが首や手足に引っかかり、思わぬケガにつながることを認識しましょう。
  • 手の届くところにコードがあれば、子供にとっては遊び道具になります。
    まずは普段から、ブラインドのコードで遊ばせないように注意しましょう。
  • ソファやベッドの上などの高い所に上がればコードに手が届く場合があります。
    家具の配置にもご注意ください。

チャイルドセーフティ部品のご紹介

コード/上下コードタイプ

001
操作コード部のイコライザーは、荷重がかかると2つに開き(割れる)、上部レールからのびるコードと分離する仕組みです。万が一の事故防止とした安全対策品になりますが事故を保証するものではありませんのでご注意ください。
002
操作コードが壁面や床に垂れない様に専用のコードフックを同梱しています。操作コードは、床から1,100mm以上の高さ(お子様の手が届かない高さ)になるよう必ずコードフックをご使用ください。

ループコードタイプ

003
ループ状のまま下がることのないよう、コードを張った状態でとめるコードフックを同梱しています。必ずご使用ください。
004
ループコードをお子様の手の届かない位置でまとめておける違うタイプのコードフックを同梱しています。状況に応じてご使用ください。
 
005
壁が木材でない場合や、ブラインド近くにフックを固定できる壁がない場合は、お子様の手の届か居ない高さで、
クリップ等でまとめていただくことを推奨しております。
 
 
 

 

これらの安全対策品を正しくお使いいただいた場合でも、事故が完全に回避されるわけではありません。
コード等の危険性を充分ご理解いただいたうえでご使用をお願いいたします。

 

【安全に関する警告表示について】

ハニカムブラインドのご使用に関する安全対策として、商品タグ、取扱説明書に、警告表示と安全対策の説明を記載しています。(JIS A4811)

警告タグ

100-1

【ループコードタイプ】
ループコードフック部品に取付

101

【コード/上下コードタイプ】
操作コード部分に取付

警告シール

warning

【全製品ボトム(下部)レールに上記のシールが貼付】

Copyright ©  2021   窓の可変断熱《ハニカムaSsu》  All rights reserved.