HOME > 《ハニカムaSsu》を快適にお使い頂くために

《ハニカムaSsu》を快適にお使い頂くために


 

コードの操作方法について

コードタイプの操作方法について解説します。

 

上下コードの操作方法について

上下コードタイプの操作方法について解説します。

 

コードの調整方法について

ブラインドが傾いた場合の調整方法について解説します。

 

コードの動きが重くなる、動かなくなる

お客様には快適なご利用を継続して頂くために、以下のようなメンテナンスをお願いしております。メンテナンスが不十分ですと、ブラインドの動きが悪くなったり紐切れの原因に繋がります。

 

①コードタイプ操作方法

assu-closed

assu-opened

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コードを下にひくことで、ブラインドを畳むことができます。

 

②ブラインドの構造

%e6%9b%b2%e3%81%8c%e3%82%8a%e8%a7%92
上部レール内の構造

細い紐が「曲がり角」でブラインド全体の重みを支えて、引き上げ・引き下げを実現しているため、この点に摩擦が集中します。上部レール内の構造は、上図のようにステンレス製のリングが、紐の「曲がり角」となっていることが分かります。

 

③紐にねじれる癖がつく

%e3%81%ad%e3%81%98%e3%82%8c%e7%99%96

「曲がり角」を紐が通る際に、リングに当たった側に摩擦の負荷が偏るため、「ねじれ癖」がついてきます。紐を引き上げてみると、自然にねじれてくる癖がついていることが分かります。このまま「ねじれ癖」が蓄積していくと、紐同士が絡まり始めます。

 

④定期的なメンテナンスをお願いいたします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動きが重くなってくると、紐をより強く引っ張るようになり、更に紐が切れやすくなります。解説動画のように、紐が互いに絡み合おうとする「ねじれ癖」を、定期的に均一に伸ばすことで、「動かない」「紐が切れる」などのトラブル回避につながります。

 

ループコードの操作方法について

ループコードの操作方法と内部コードが絡んだ場合の調整方法を解説します。

 

①基本操作方法

下げきったブラインドを上げる場合は、下げた場合と逆方向に必ず操作してください。ブラインドを下げきった状態からさらに同じ方向に操作コードを回してしまうと故障の原因となりますのでご注意いただきますようお願い致します。

loop2

 

②基本操作や調整方法について

ループコードタイプの場合、操作コードを回すことによって、スクリーン内のコードが上部レール内に巻き取られ、ブラインドを上げ下げする構造です。同じ方向に操作部(コード)を回し続けると緩んだ状態でコードが巻かれるため、コードがスプールよりはずれてしまったり、ブラインドが傾いたり、滑車から異音が発生、操作コードが重く滑車を回すことが出来なくなります。基本操作方法の通りご使用くださいますようお願いします。

Copyright ©  2017   快適な室内と省エネ生活をご提案。ハニカム構造・断熱ブラインドaSsu・明日  All rights reserved.